探偵、浮気調査、興信所を神奈川県相模原市でお探しなら。

メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページは神奈川県相模原市探偵事務所Homeの中のうつ病、その2のページです。

うつ病、その2


神奈川の事務員です。
前回「うつ病」についてブログを載せましたが、「ネットで検索してもはっきり分からない、体調が悪いから調べられないから教えて...」等の連絡が入り、さらに、"自立支援医療制度"の件をもっと詳しく教えて欲しいと依頼者様から連絡がありました。

今回は「自立支援」について何回かにわけてブログに載せますので、参考にして下さい。

この自立支援医療制度は、平成18年4月1日に法改正された、通院医療費公費負担制度(精神保健福祉法第32条)です。

★1 通院にのみ適応されますので、入院は自立支援では対象外です。
★2 有効期限は1年間ですので、期限がきれる前に更新する必要があります。
★3 自己負担金額が、医療費(病院1件&薬局2件)の医療費が1割になります。
法改正前は0.5割だったのですが、法改正により切り上げになり1割になりました。
ただし、自立支援では上限金があります。
疾病の程度や世帯の所得により、自己負担が無料である場合もあれば、高く設定される場合もあります。
★4 自立支援医療費制度の申請の方法 (他都道府県からの転院は違う方法です)
※初めて自立支援を手続きする方への方法ですので、2年目からは違う申請方法です。
今回は初めて自立支援の手続きする方への申請方法を紹介します。
病院で書類一式が用意されている所もあれば市役所に書類を取りにいかなくてはならない場合がありますので、
まずは依頼者様の病院で確認して、書類が準備されていないようであれば市役所まで書類を取りにいく必要があります。
申請手続きは下記の手続きですが、念のため、市役所に確認して下さい。
依頼者には必要のない書類もありますので...。
結構簡単に手続きが出来ますから書類を見てビックリしないで下さいね。
・依頼者様の印鑑
・保険書のコピー (下記3個のうち1つ)
 国民健康保険の場合は加入者全員分が必要
 社会保険・共済保険の場合は本人と被保険者
 生活保護の場合は生活保護受給世帯の証明書
・同意書
 市町村民税課税証明書・市町村民税非課税証明書
・診断書(自立支援医療費用)
 ※この診断書は医師に記載して頂く診断書であって、病院での診断書ではありません。
    また、この診断書は3年以上の精神医療の経験を有する医師が記入して頂く必要がありますので、
    依頼者様の先生が3年以下の場合は無理です。転院をお勧めします。
・自立支援医療費
 (精神通院)支給認定申請書
・障害者年金・遺族年金・特別児童扶養手当払込通知書のコピー又は振込が分かる通帳のコピー 
 (市町村民税非課税世帯で受給している方)
★5 自立支援医療費制度は市役所に登録されている病院でなくては適応できません。
★6 一番大切な事
病院の先生は薬の効果を主に重視して診療していると思います。日常の生活や本当に苦しんでいる事を先生にお話していますか?
人間って結構見栄っ張りなんですよね。
先生の前で無理に明るくしていたり、苦しい姿をみせないと必死になったり、言いたいことを言えないままではないのでしょうか?
本来なら素晴らしいと褒めてあげたいのですが、病名を軽く書かれてしまい、
今後の「精神障害者保健福祉手帳」や「障害者年金」の手続きに不利になりますので、本当の自分をさらけ出してくださいね。

次回は★の項目を1つずつ更に詳しく説明します。

うつ病は休養が一番のお薬です。ゆっくり寝てくださいね。(_ _)(-.-)(~O~)ふぁ・・(~O~)(-.-)
日時:2010年5月23日 10:28


ページの終了