探偵、浮気調査、興信所を神奈川県相模原市でお探しなら。

メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページは神奈川県相模原市探偵事務所Homeの中のうつ病、その3のページです。

うつ病、その3


神奈川@事務員です(*^o^*)

前回から続編です。「自立支援制度」についての今回は★2について詳しく説明します。
★2 有効期限は1年間ですので、期限がきれる前に更新する必要があります。

初回は前回の手続き方法です。次回は下記の手続きになります。
 ☆診断書の添付が2年に1回!
 ・平成22年4月1日から診断書の提出が2年に1回になり、平成21年度中に診断書を添付して申請した場合、平成22年度の際には申請時には診断書の添付は不要になります。
 ・精神障害者福祉手帳の診断書で同時申請した場合も上記のようになります。
 ・受給者証の有効期限が経過した後の申請は新規申請の扱いになる為、診断書の添付が必要になります。有効期間何に再申請を行なってください。必ず自立支援の期間以内に更新して下さい。詳しくは市役所にてお聞き下さい。
 ・受給者証の有効期間は1年間です。申請時の所得・保険証の確認は毎年必要になります。

☆平成22年4月1日から同時申請の為の有効期限が選択できます!
 ・受給者証と精神障害者福祉手帳の有効期限が異なるため、手帳用の診断書を使った同時申請が出来ない方に対して、受給者証の有効期間の終期を手帳の終期にあわせて申請が出来るようになりました。
 ・平成22年4月1日以降の自立支援医療費申請時に、精神障害者福祉手帳の有効期限の末日にあわせて自立支援医療受給者証の有効期間を設定出来るようになりました。
  しかし、申請時に手帳の有効期限が1年未満である場合に限ります。また、通常1年間である受給者証の有効期限が三ヶ月・六ヶ月となりますので注意してください。    

☆申請書の様式が人によって異なります。必ず市役所で確認して下さい。

うつ病は辛いですよねヽ(´?`)ノ ふっ・・・。。。
いっぱい寝て心の回復を待ちましょうね。
日時:2010年6月 4日 09:48


ページの終了