探偵、浮気調査、興信所を神奈川県相模原市でお探しなら。

メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページは神奈川県相模原市探偵事務所Homeの中のうつ病、その4のページです。

うつ病、その4


最近、ブログを書くのにも慣れてきました(* ̄▽ ̄)ノ
自分のブログも作りたい神奈川県@探偵事務員です。

自立支援の3回目の特集です。
今回は★3の件を詳しく説明しますね。
★3自己負担金額が、医療費(病院1件&薬局2件)の医療費が1割になります。
法改正前は0.5割だったのですが、法改正により切り上げになり1割になりました。
ただし、自立支援では上限金があります。
疾病の程度や世帯の所得により、自己負担が無料である場合もあれば、高く設定される場合もあります。

※病院1件・薬局2件は1割負担または無料です。
※自立支援の世帯の範囲は同じ医療保険に加入している家族のみの所得をみます。
簡単に言うと国保の世帯が自立支援を申請した場合は、国保以外の方は別世帯として扱われます。
※今回はうつ病のみの説明になりますので、他の疾病等の自立支援の説明は省きます。

・生活保護世帯 
負担上限金 0円/月
・市町村税 非課税 本人収入≦80万円
 負担上限金 2,500円/月
・市町村民税 非課税 障害基礎年金2級(月6.6万円)のみ受給程度の収入の方
負担上限金 2,500円/月
・市町村税 非課税 本人収入>80万円
 負担上限金 5,000円/月
・市町村税<3万3千円(所得割)
 負担上限金 医療保険の自己負担限度額 重度かつ継続 5,000円/月
・3万3千円≦市町村税<23万5千円(所得割)
 負担上限金 医療保険の自己負担限度額 重度かつ継続 10,000円/月
・23万5千円≦市町村税(所得割)
 公費負担の対象外(医療保険の負担割合・負担限度額) 重度かつ継続  
20,000円/月

「重度かつ継続」とは、うつ病等の通院費が継続的に相当額の医療費の負担が発生する方です。
「重度かつ継続の範囲」とは、うつ病・躁うつ病・総合失調症・認知症等の脳機能障害他と診断された方で、
3年以上の精神医療の経験を有する医師が、患者の症状が精神障害によって集中的な通院の継続が必要な場合や計画的に通院医療が必要な場合等、
継続的に要すると医者が診断した方が、市役所の手続きにより審査にかけられ、認定された方です。
また、重度かつ継続に該当された方は施工後3年で見直されます。

所得なんて自分でわかりませんよね。
もう難しいと思った方は市役所に連絡し、自分がどれくらいの上限金であるか問い合わせしてくださいね。

うつ病の方の医療費は高額で、医療費が負担になって不安の一因でもあります。
心療内科等でうつ病と言われたら、早めに手続きして不安の一因を解消しましょうね♪
日時:2010年6月16日 04:50


ページの終了